学生のうちはヤリトモで十分?

学生のうちは真剣に結婚について考える年齢ではありません。
それにまだ経験が少なく、いろんな人と付き合ってみる目を見る目を養ったり、経験を積み重ねる方が大事だと言えるのではないでしょうか?それに学生だって何かと忙しいですよね。
最近は仕送りの金額が減少傾向にあるため、学費は親に出してもらっても生活費は自分で稼ぐという学生も珍しくありません。

そうなってくると、学業とアルバイト、それに友達付き合いもするわけです。
そこに恋人まで作ってしまっても、十分に相手をする時間もお金の余裕もないという事になってしまいます。
ですが学生だからこそ、身体は若く性欲が強い時期ですよね。
それにセックスに対する好奇心も強いのではないでしょうか?

だからこそ学生のうちは恋人を作り1人の相手に縛られてしまうよりも、セフレを作りいろんな人とセックスをしてみる方が世界が広がるかもしれません。それに学生のうちは無理せずに年上い甘えてしまってもいいのではないでしょうか?

男子学生にとってラブホ代は負担になりますよね。
学生同士の恋人であれば、男としてのプライドもあって男性側が払うかもしれません。
ですが男子学生と社会人の女性であれば、社会人の女性の方がラブホ代を払うケースが多いでしょう。

それにセックステクニックも、年上のお姉さんに教えてもらった方が、いろいろと身につくものも多そうですよね。

フリーターはセフレ向き?

もしあなたがセフレが欲しいと思っていて、住んでいる場所や年齢などの条件は該当するものの、相手の職業欄がフリーターになっていたらどうしますか?これが恋人や婚活目的で利用しているアプリであれば、相手の職業がフリーターだと選ばないという女性が多いでしょう。まだ19歳20歳ぐらいであれば、フリーターでもその後正社員になれる可能性はあります。

なので恋人として付き合って、そこから結婚について考える事も出来るでしょう。
ですがフリーターと将来一緒になりたいと思う女性はまずいません。
将来が不安定で、苦労するのが目に見えているからです。

でも恋人や婚活目的ではなく、セフレであったらどうでしょうか?
セフレとは将来について考える事はなく、その場限りの付き合いで終わります。
それならフリーターの方が時間に融通が効くから、会いやすいかもしれません。
見た目が良ければ、セックスが上手いなら、フリーターでも構わないという人も多いのではないでしょうか?

ただし注意点としては、フリーターでも構わないけれど、ホテル代はどちらが負担する事になるのかだけは、会う前に明確にしておきましょう。男性の方はフリーターと先に言っておく事でお金がないから割勘希望という意味合いを含んでいるかもしれません。
もしくは年上の女性にホテル代は払って欲しいと思っているかもしれません。

確かに通常は男性がホテル代を支払うべきですが、それは男性の方が女性よりも平均収入が多いから奢る訳です。
最近は女性も社会進出して、男性と同等に働く人も増えているので、フリーター相手なら女性の方が稼いでいるケースもあるでしょう。
その場合にどちらがホテル代を支払う事になるのか?それはケースバイケースとなるので、確認が必要です。

30代女性をセフレターゲットにする

昔は「女性の結婚は25歳まで」といわれた時期もありそれまでに結婚しなければならないと多くの女性が焦っていたものですが、近年の女性の初婚平均年齢は28歳代となっていて、30代でも独身という人は少なくありません。

以前に比べて女性は若く美しさを保つ秘訣を身につけたようで、30歳を過ぎてからも若々しさを保っている人はいくらでもいますし、むしろそれくらいのほうが女性としての魅力が感じられるケースもあります。

大半の男性は若い女性が好きですからセフレを探す際にも20代の女の子をターゲットにすることが多いのですが、30代の女性も十分にターゲットになり得ます。
30代の女性とセフレ候補とする場合に、注意をしなければならない点があります。
それは、相手が性的に求めているのかどうかを見極めることです。

女性のエッチ度は30代がピークといわれており、その年代で彼氏がいなければ性欲の解消のためにセフレを求めることが少なくありません。
しかし同時に結婚願望を持つ女性も数多いので、アプローチを間違うととんでもない事態にもなりかねません。

そんな事態を回避するには、関係を持つ前にいろいろとやりとりを重ねておくほうがいいでしょう。

前述したように女性の性欲のピークは30代ですから、うまくいくと素晴らしいセフレ生活を体験できるかもしれませんよ。